Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .ノロウイルス対策が次亜塩素酸ナトリウムでも可能であるなら、シェリールジェルフォームにはどんな優位性があるのか?

A .

次亜塩素酸ナトリウムは、含有する塩素類が細菌やウイルスの膜を破壊し、その後細胞内タンパク質の変性、核酸の不活化をします。(※核酸とは細胞内のDNA、RNA(遺伝子情報を有する部分)のこと)

シェリールジェルフォームもその強アルカリ性により、細胞膜を破壊して加水分解、たんぱく質変性をするなど、菌やウイルスに対して基本的には次亜塩素ナトリウムと近い効果を発揮します。どちらもノロウイルス(ノンエンベロープウイルス)に対して有効です。

但し、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚への刺激が非常に強く、刺激臭がしたり、何より口に入ってしまった場合大変危険なものであるため、器具の消毒や嘔吐物の処理等には向いていますが、手指消毒剤として使用するのに不向きです。

「Q:シェリールジェルフォームは、pH12以上の強いアルカリ性であるが、安全なのか?」も併せてご参照ください。)

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ