Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .ホタテの貝殻以外を原料としてジェル等の抗菌製品を製造することは可能か

A .

ホタテ貝以外にも牡蠣やホッキ貝を原料として貝殻焼成カルシウム粉末を製造することは可能です。但し、原料となる貝の種類や産地などの環境要因により、出来上がりの品質(色や安定的に高い塩基性を発揮できるか等)は異なるものになります。
また、どのような方法、機械を使って焼成作業を行うかでも、品質は変わります。

新機能科学株式会社では、独自開発の特殊高温焼成炉Cherry(シェリー)75-3 を使用することで、粒度の細かい、安定的に高い塩基性を持つ高品質な貝殻焼成カルシウム粉末『シェリールパウダー』を製造することが出来ました。

また、貝殻焼成カルシウム(水酸化カルシウム)の原料となるホタテの貝殻は炭酸カルシウムであり、同じ性質をもつものとして、珊瑚、卵殻(卵のカラ)があります。理論上、これらもホタテ貝殻同様に高温焼成処理をすることで酸化カルシウムとなり、水を加水することによって水酸化カルシウムに変えることが出来ます。

cherry75-3

特殊高温焼成炉Cherry(シェリー)75-3

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ