Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .市販の消毒用アルコールとシェリールジェルフォームの違いは何か?

A .

市販のアルコールは、その高い揮発性により菌やウイルスを不活化させますが、一方で手の表面の水分、脂分を一緒に蒸発させてしまいます。そのため、肌の弱い方や小さなお子様が使用すると肌荒れの原因になります。

一方でシェリールジェルフォームは、揮発性ではなく強アルカリ成分により、菌やアルコールを不活化させます。材料もシェリールパウダー(貝殻焼成カルシウム粉末)、精製水、増粘剤のみであり、肌への刺激はありません。

また効果の範囲として、アルコールは大腸菌やインフルエンザウイルスなどに対して有効に作用します。しかし、ノロウイルス、ロタウイルスなどのノンエンベロープウイルス(エンベロープという膜を有しないウイルス)に対してアルコール消毒は効果がありません。

対してシェリールジェルフォームは、アルコールと同様に食中毒菌やインフルエンザウイルスに対して効果を発揮する他、ノロウイルスやロタウイルスに対しても有効です。使用感、効果のどちらも市販の消毒用アルコール製品より優れていると言えます。

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ