Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .殺菌、抗菌、除菌はどう違うのか

A .

殺菌とは、最近を死滅させることを意味します。但し対象となる菌や程度(範囲、数)は考慮されません。菌全体の中の一部を殺しただけでも「殺菌した」とされるので、直接的にその有効性を意味するものではありません。さらに、「殺菌」という言葉は薬事法の対象となる医薬品(消毒薬など)、医薬部外品(薬用石鹸など)にのみ使用できます。洗剤や漂白剤などの雑貨品に対して使用することはできません。

抗菌とは、「菌の繁殖を防止する」ことを意味しており、その対象となる菌や程度は問いません。経済産業省の定義では、抗菌の対象は細菌のみとされています。

除菌とは、限られた空間に含まれる微生物の数を減らすことで『洗浄度を高めること』を意味します。洗剤・石鹸公正取引協議会の定義では、「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」と定義されており、ここでの『細菌』にはカビや酵母などの真菌類は含まれていません。

用語解説

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ