Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .食中毒菌とは何か

A .

菌とはさまざまな物と場所に存在して、発酵・腐敗・病気の原因ともなる微生物を意味し、主な食中毒菌としては、腸炎ビブリオ、サルモネラ菌、病原性大腸菌O-157、黄色ブドウ球菌など様々な種類があります。動物由来のものは鶏や牛など家畜自身に危害を及ぼさないので、健康な状態の家禽や家畜の腸管内に生息しており、食材として生肉などを取り扱う際に感染しやすいとされています。

主な食中毒菌

シェリールジェルフォームはこれらの食中毒菌に対しても、その非常に高いアルカリ性(pH12 以上)により抗菌効果を発揮します。

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ