Frequently Asked Questions

よくある質問集

Q .新機能科学株式会社とは何か

A .

office

新機能科学株式会社は、栃木県下野市に本社を置く、新素材の開発を行う企業です。

廃棄されてしまうものを材料として、環境と人に優しい革新的な製品の開発を行っています。

新機能科学では青森県産の廃棄されたホタテ貝殻を独自の特殊高温焼成炉Cherry(シェリー)75-3 で焼成した貝殻焼成カルシウム粉末『シェリールパウダー』を開発しました。ホタテ貝殻は約1,000℃の高温で焼成することにより酸化カルシウムとなり、これに特殊な加水処理を施すことで、水酸化カルシウムに変化します。
この水酸化カルシウムパウダーを使い、全く新しい手指衛生用ジェル『シェリールジェルフォーム』を開発いたしました。

シェリールジェルフォームはその原料となる水酸化カルシウムが持つ非常に高いアルカリ成分(pH12 以上)により、ノロウイルス、ロタウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルスや、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの菌類、その他白癬菌に対して高い抗菌、抗ウイルス効果が期待できます。

また、新機能科学ではシェリールジェルフォーム以外にも、もみ殻、藁、竹、古紙等の廃棄資源を原料とし貝殻焼成カルシウムパウダーCherir と配合することで抗菌性能を高めた、全く新しい素材”Chafftic(チャフチック)”を開発し、すでに抗菌紙製箸として大手航空会社への導入実績もあります。

今後も介護施設や保育施設での導入を予定しています。

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ