Frequently Asked Questions

よくある質問集

  • Q .シェリールジェルフォームと市販のアルコールジェルの併用は可能か?同時に使用することで手が荒れるなどの何かトラブルは起こるか?

    A .

    市販アルコールジェルと併用しても問題ないと思われますが、シェリールジェルフォームの特性を損なう可能性があるため、単体での使用を推奨いたします。

  • Q .次亜塩素酸ナトリウムとは何か

    A .

    次亜塩素酸ソーダとも呼ばれます。次亜塩素酸ナトリウムは酸化作用、漂白作用、殺菌作用を持ち、不安定で分解しやすい性質があります。

    上水道やプールの殺菌、家庭用には液体の塩素系漂白剤や、殺菌剤(洗濯用、キッチン用、ほ乳ビンの殺菌用など)などに使用されています。水溶液の性質はアルカリ性で、強い消毒、殺菌作用を持ちます。

    半面、皮膚に対しての刺激が非常に強く、使用時にはゴム手袋が必要になります。また、酸性の強い洗剤に混ざると毒性のガスを発生させたり、濃度の高いものは金属を腐食させたりするため、取り扱いに注意が必要です。

    次亜塩素酸ナトリウムの危険性

     

  • Q .次亜塩素酸ナトリウムはどんな菌やウイルスに有効か

    A .

    次亜塩素酸ナトリウムは非常に高い殺菌効果を有しています。大腸菌、黄色ブドウ球菌などの食中毒菌の他、カビやインフルエンザウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス等に対しても有効です。

    特に、アルコール除菌では対応できないノロウイルスに対して効果を発揮するため、器具の消毒用としてたくさんの商品が販売されています。

  • Q .ノロウイルス対策が次亜塩素酸ナトリウムでも可能であるなら、シェリールジェルフォームにはどんな優位性があるのか?

    A .

    次亜塩素酸ナトリウムは、含有する塩素類が細菌やウイルスの膜を破壊し、その後細胞内タンパク質の変性、核酸の不活化をします。(※核酸とは細胞内のDNA、RNA(遺伝子情報を有する部分)のこと)

    シェリールジェルフォームもその強アルカリ性により、細胞膜を破壊して加水分解、たんぱく質変性をするなど、菌やウイルスに対して基本的には次亜塩素ナトリウムと近い効果を発揮します。どちらもノロウイルス(ノンエンベロープウイルス)に対して有効です。

    但し、次亜塩素酸ナトリウムは皮膚への刺激が非常に強く、刺激臭がしたり、何より口に入ってしまった場合大変危険なものであるため、器具の消毒や嘔吐物の処理等には向いていますが、手指消毒剤として使用するのに不向きです。

    「Q:シェリールジェルフォームは、pH12以上の強いアルカリ性であるが、安全なのか?」も併せてご参照ください。)

  • Q .薬事法とは何か

    A .

    主に「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療器具」の4 種について、安全性と、体への有効性を確保するための法律です。

    医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療用具の品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとともに、医薬品等の製造・販売・流通に関する規定はもちろん、医薬品等の表示・広告、薬局の開設に関する内容等についても定める法律です。

  • Q .医薬品、医薬部外品、化粧品の違いについて

    A .

    「医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のことを指します。厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められています。

    医薬部外品とは厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されており、「治療」というよりは[「衛生」や「防止」を目的として製造されています。従来の効能に殺菌や消毒効果を強めた「薬用化粧品」も、化粧品ではなくここに含まれます。殺虫剤、殺そ剤など人または動物の保健目的に使用されるものも医薬部外品です。

    化粧品とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品を言います。効能・効果は認可されていないので、「〇〇が治る」など、効果をパッケージで表現することはできません。

  • Q .殺菌、抗菌、除菌はどう違うのか

    A .

    殺菌とは、最近を死滅させることを意味します。但し対象となる菌や程度(範囲、数)は考慮されません。菌全体の中の一部を殺しただけでも「殺菌した」とされるので、直接的にその有効性を意味するものではありません。さらに、「殺菌」という言葉は薬事法の対象となる医薬品(消毒薬など)、医薬部外品(薬用石鹸など)にのみ使用できます。洗剤や漂白剤などの雑貨品に対して使用することはできません。

    抗菌とは、「菌の繁殖を防止する」ことを意味しており、その対象となる菌や程度は問いません。経済産業省の定義では、抗菌の対象は細菌のみとされています。

    除菌とは、限られた空間に含まれる微生物の数を減らすことで『洗浄度を高めること』を意味します。洗剤・石鹸公正取引協議会の定義では、「物理的、化学的または生物学的作用などにより、対象物から増殖可能な細菌の数(生菌数)を、有効数減少させること」と定義されており、ここでの『細菌』にはカビや酵母などの真菌類は含まれていません。

    用語解説

  • Q .pH(ペーハー)とは何か

    A .

    pH は水溶液の性質を表す単位であり、水素イオン濃度の量を意味します。0 ~ 14 の目盛りをつけ、酸・アルカリの度合いを数字で表します。 pH7 を中性とし、それ未満を酸性、それより大きければアルカリ性を意味します。 pH7 よりも値が小さければ小さいほど酸性の性質が強く、値が大きければ大きいほどアルカリ性の性質が強いことになります。

    pHとは何か

  • Q .シェリールシリーズの今後の製品展開について

    A .

    製品のラインナップとしては業務用500ml ボトルの他、より少量の家庭用、持ち運び用等製品化する予定です。

    また、シェリールジェルは白癬菌(水虫の原因)に対しても効果を発揮するため、手指衛生用のみならず足用としての展開も可能です。

シェリール・チャフチックの新機能科学 HOME

新機能科学HOMEへ